ウンテンシュ殿の旅・・2

運転手殿の旅、翌日はこんなところへ~~

045_201312012233019f0.jpg

「ここ、どこ?」と聞いたんだけど・・・
「さぁ~~~どこやったかなぁ・・・・・なんとか鉱山やったぞ・・・」

もう~~~!

昭和53年に閉山した紀和鉱山跡のようです。
建設当時は日本一であった板屋の、銅の選鉱場跡だそうです。

048_2013120122330511a.jpg
049-1_201312021117387af.jpg

さぁ、いよいよ今回の旅行のメインである、ウォータージェット船での瀞峡めぐりです。

051.jpg

奇岩がいっぱい!
船の中で案内放送はあったけど、さっぱり覚えとらん…と・・・
でも写真に残してるんだから有名な岩なんだろうと・・・

中でわかったものをいくつか・・・
夫婦岩・・・
054_201312021130586c1.jpg
亀岩
057.jpg

水の色がとても印象的ですね~
065_201312021131006b9.jpg
折り返し地点です。
画面右側は奈良県、左側が三重県、そして正面が和歌山県
と…運転手殿がいうんだけど…本当かいなぁ・・・

ここで休憩して戻ります。

068_20131202113101e21.jpg

075.jpg

079.jpg

何か…名前ついとりそうな岩やねぇ~~
084.jpg

これは母子滝・・・
086_20131202113117fc2.jpg

あぁ~~あ~~~
折角の奇岩、名前みんなわかればもっと面白いのになぁ・・・
「山姥を連れて行かんからじゃい!」と言ったら「片道車で6時間もようバス乗っ取らんやろ」って・・・確かに!いえる!

山姥のお抱え運転手殿  の旅、これにて終わりでござります~~

お付き合い、誠にありがとうございました。


             にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/12/03 ] 未分類 | TB(-) | CM(8)

私は何度も南紀へ行っていますが、瀞峡は行ったことがありません。
日本ラインのように舟で辿るのも楽しいでしょうね。
岩の名前・・・確かに教わった時は「ウン・ウン」と頷くのですが、右から左です。
もっとも帰ったからネット検索すれば・・・と言う安心感があるからかも?
メモして来れば良いのですがね~写真撮影で忙しいし・・・

最後の母子滝、右の岩に母子らしきものが見えますね。
[ 2013/12/04 09:01 ] [ 編集 ]

うほおおおおお。。。。。

すばらしい。
[ 2013/12/04 09:15 ] [ 編集 ]

下から2枚目~ (^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

ライオンの雌が、雄たけびをあげているように見えるんだけど・・・

下から4枚目は
カバが右向いて立ってる^^;

亀岩はアンキロサウルスが寝そべっているような~

面白いね d(゚ω´*)*
[ 2013/12/04 18:35 ] [ 編集 ]

こんばんは!

2日間にわたって、雄大な風景を楽しませていただきました。

ありがとうございました(^-^)
[ 2013/12/04 19:17 ] [ 編集 ]

鉄砲玉さんへ~~

あ~そうでしたね~~
鉄砲玉さんのブログで紹介していただきましたよね~
瀞峡はまだですか?
今年の夏は水量が不足して営業できなかったそうですよ。

岩の名前は案内放送があるそうですが、ろくに聞いてないんでしょうねぇ・・・
聞いて覚えたつもりでも…この年代、覚えてられるわけないですわ~~v-394

コメント、どうもありがとうございました。
[ 2013/12/04 22:04 ] [ 編集 ]

ちわわんさんへ~~

ウフフフフフフ~~~~
ありがとう~~~

コメント、ありがとうございました。
[ 2013/12/04 22:05 ] [ 編集 ]

やすこちゃんへ~~

ナニナニ?ライオンのメスが雄叫び?
ウム・・・見えなくも…ない・・・
カバ・・・見えなくもない・・・
アンキロサウルス・・・
それは知らんからわからん・・・ハハハ~~(^_-)

コメント、どうもありがとうございました。
[ 2013/12/04 22:11 ] [ 編集 ]

まさっぴぃの夫さんへ~~

はい~~見ていただいてありがとうございました。
連れ合いとはいえ、人のふんどしで相撲取ったような記事でござりました~~(^_-)

コメント、どうもありがとうございました。
[ 2013/12/04 22:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する