熊川宿・・・最終

福井の伝統的民家・河内屋
椎茸とか、若狭塗り箸などの土産物の雑貨を売ってるようでした・・・生憎店はあいてなかったので・・・
IMG_6334_201411142052388c0.jpg

旧逸見勘兵衛家
熊川を代表する町家のひとつで、主屋・土蔵・庭が平成7年1月に町指定の文化財となりました
IMG_6347.jpg

宿場館
昭和15年に、熊川出身で伊藤忠商事二代目社長の逸見竹ノ助により建てられた近代洋風建築の熊川村役場。
トスカナ風の柱頭をもつ円柱がポーチに建ち、寄棟瓦葺の2階屋根の中央には越屋根が付いています。
平成9年より資料館として保存活用され、鯖街道関係の資料や民具などを展示して一般公開されています
IMG_6350.jpg

まる志ん
葛もち、葛きり、葛まんじゅうなどの葛にこだわった専門店。
また、国産の生サバのみで仕込む、自家製の鯖寿し専門店としても有名。

IMG_6353_20141114205257260.jpg

手作りの木工細工を軒先で売ってるお店も~
あれ?・・・・わが干支・・・どこだ・・・
IMG_6355.jpg

旧問屋・菱屋
街道の繁栄をささえた旧家
IMG_6357.jpg

平成の名水100選に選ばれた前川・・・
平成八年からは景観整備が行われ、石積み護岸の前川が町並みと実に良く調和しています。また住民による前川沿いの花の育成や清掃活動が行われ、住民自らが清涼な流れを守り、訪れる人々に潤いと癒しの空間を提供しています
IMG_6358.jpg

かわと
これって・・・・飛騨でも昔はよく見かけることができたような・・・
こういうところで漬物用の赤カブや大根を洗っていたとか・・・

ここはいまでも利用されているようで、お店から出てきた女性が何やら洗ってみえました。
IMG_6377_20141114205322103.jpg

福井の伝統的民家・嶋屋
衣料雑貨のお店のようでした
IMG_6360.jpg

若松屋
かなり古いレトロなこの看板、なんて書いてあるのかしばらく考え込んでしまったさ~

たぶん・・・
和洋たばこ・・・かな?

あとで調べたら…この看板の裏もあなかなか味があったらしい!
反対側見ずに惜しいことした!
        IMG_6361.jpg

越屋根のある家
IMG_6365_20141114205321b45.jpg

平入(ひらいり)建物と妻入(つまいり)建物

平入建物とは・・・棟(むね)を街道に対して平行させた建物。街道側からは軒が真直ぐに見えます。
妻入建物とは・・・棟を街道に対して直角に置く建物。街道側からは屋根の三角部分が見えます
IMG_6379.jpg

屋根の下の・・・なんていう場所かな?
家紋とか水という文字が・・・
こんな感じの家が何カ所かありましたよ~

ハナは綺麗な菊と、前川沿いにびっしりと咲いていたヒメツルソバ~
IMG_6331-2.jpg

下屋の上にあるのは…何でしょう?
美濃のほうでは屋根神様だったけど、これはちょっと違うような気もする?
IMG_6339_201411142052397af.jpg

熊川宿のあたりには柿の木がいっぱいあって、それも熟柿?用の大きな柿がいっぱい!
あるお宅のおばあさんが(ハナとよく似たニャンコの飼主さんのようでした)ちょうど採りたてのをざるに入れて玄関前に置くところに遭遇し、熟柿大好きな山姥財布の紐が緩みましたで~
といっても…大きな実が一個30円!
なるべく大きなの持って行かはるといいですよ~と・・・そんなような・・・柔らかい関西弁で言われましたよ~~
フフフ…これが飛騨弁だったら…なるべくでっかいのよって行きないよ…になるね~

IMG_6383.jpg


先は長い・・・
大急ぎで熊川宿を後にして・・・さぁ、どこいったんだ?

本日も山姥小屋においでいただきありがとうございました。

               にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

自分なりに一生懸命調べて説明入れたんだけど…もし、違ってるよ~~!なんてことがあったら教えていただけるとありがたいです~

にほんブログ村 花・園芸ブログ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/11/14 ] 未分類 | TB(-) | CM(10)

ドアノッカーが日本にもあるなんてびっくり
よく西洋にはありますよね
福井の家の家並が素敵ですね
家も趣があって素敵ですね
福井って行っても街中へ入ることはありませんでした
歩いてみたいですね
[ 2014/11/14 22:57 ] [ 編集 ]

ぐりさんへ~~

ありゃりゃ~~~ぐりさんもだ~~~(^_-)

ドアノッカーみたいだけど~~~ドアノッカーじゃないんだって~~~
ほらぁ~~駒つなぎ、って上に書いてるにぃ~~(^^)

ここはほんと、往復しても30分ほど…
ぶらぶらと歩くにはちょうどいい所かも~~
機会があったら行ってこられ~~

コメント、どうもありがとうございました。
[ 2014/11/14 23:01 ] [ 編集 ]

楽しかった^0^

熊川宿 伝統的文化 一枚ずつの説明でとても分かりやすく
楽しく見せて貰った~~^-^
宿場館あの有名な伊藤忠商事二代目社長が建てられたんですか
ほんと近代洋風建築が素敵ですね~ それも熊川村役場だとか
正面入口の円柱ポーチで当時としてはハイカラだったのでしょうね
まる志んの建物だけ壁が黄色に見える
国産の生サバの自家製鯖寿し 食べた~~い(食いしん坊です)
かわと ですが がばい ばあちゃんを思い出します
家の前にこんなの有って上流の青果市場から捨てられた野菜が
流れて来て それをばあちゃんが拾って夕餉のおかずにしていた
湧き水や山水が綺麗な地域には昔は有ったのでしょうね
若松屋のレトロな看板見た瞬間 ん?西洋の洋服仕立て屋か?って
思ったけど 西洋タバコですか 要するに葉巻なのかな?
一枚ずつ感想書きたいけど長~~~~くなるので このくらいで我慢します(笑)
面白かったです こんなの好きやんね~~(*^_^*)

《なるべく大きなの持って行かはるといいですよ~》
佐賀弁では
《ようえってから大きかとば持って行ったが良かばい》てな感じです~
[ 2014/11/15 00:11 ] [ 編集 ]

日記に追いついていない^^;

ばんばさん、書くの早いな~

手作りの木工細工、どれも味があってえ~わ~
自分の干支じゃないけれど、辰が気に入りました♪♪

屋根神様 中には神様が入っていらっしゃるのかしら
覗いてみたいよね щ(`∀´)ш
[ 2014/11/15 01:17 ] [ 編集 ]

素敵ですね~~今日も楽しくお勉強させて貰いました。
近代洋風建築の熊川村役場ハイカラですね~
潤いと癒しの空間の川もホットしますね(^_^.)
行ってみたいなぁ~~
柿メチャ安い~飛騨弁私の住んでる志摩弁に
良く似てますねぇ~
今日も楽しかったです。
[ 2014/11/15 11:51 ] [ 編集 ]

鯖寿司と葛餅

 ばんばさん。いい所へ行けれましたね。熊川宿は鯖街道にあるんですね。
鯖寿司、大好きなんですよ。それに本葛の葛餅も大好物です。
伝統的な民家やお店が大切に保存されていて、行きたくなりますね。
人情味も感じられます。けなるいなぁ。

[ 2014/11/15 11:55 ] [ 編集 ]

李音さんへ~~

まる志んさんのお店、たしかにここだけ壁が黄色なんですよ~
ぱっと目立つ建物でした。

かわと・・・あ、そうなんですか?がばいばあちゃんで?
山姥その映画観てないんだけど、テレビでエピソードとしては聞きましたよ~

ってことは…山姥の地区でもそういうこと、あったかもねぇ・・・
戦後の貧しい時代があったはずだから・・

山姥もね、あの看板見たとき仕立て屋さん?と一瞬思いましたよ~~
和洋ってあるし、ね~~(^^)

佐賀弁ではえってから…飛騨弁ではよってから…やっぱ似てますね~~
離れたところでも似通った方言ってのが面白いですね~~

コメント、どうもありがとうございました。
[ 2014/11/15 20:35 ] [ 編集 ]

やすこちゃんへ~~

ははは~~~
早いとこ記事作らないとな…白いもの降ってくるもん~
って…きょう峠道は雪やった・・・
タイヤかえとってよかった~

辰はこういう細工物には格好の素材かもね~~

コメント、どうもありがとうございました。
[ 2014/11/15 20:37 ] [ 編集 ]

センチメンタルさんへ~~

熊川村役場…ほんとモダンな建物ですね~~
今は資料館として使われてるんだとか・・・
中へ入ってみたかったんだけど・・・無人さんでした…早すぎたのかも・・・^^;

飛騨弁、志摩弁とも似てますか~~
広島の言葉とも似てるらしいですよ~
標準語に近いし~~(^_-)

コメント、どうもありがとうございました。
[ 2014/11/15 20:41 ] [ 編集 ]

西恋おじんさんへ~~

鯖街道とか、ぶり街道とか…いろいろありますね~
鯖寿司、お好きですか?
山姥、ね・・・・ダメなんです~~^^;
カユカユが出てしまう~

本葛、欲しかったんだけど、まだ店開いてなくて残念やった・・・
なんでそんな早い時間に行ったんやろ…?

コメント、どうもありがとうございました。
[ 2014/11/15 20:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する